光脳機能イメージング学会趣旨書
 
日本が世界に先駆けて開発した近赤外線分光法を利用したイメージング装置は、無侵襲で簡便な計測法であり、脳機能計測の有力な一手法として普及してきている。しかし、光による脳機能計測法は基礎研究の歴史も浅く、多方面からの学際的なアプローチ が必要となってきている。この光による脳機能計測法の基礎研究をさらに深め、より発展し確立した技術として脳機能の研究や臨床応用に定着させるため、光脳機能イメージング法に関心の高い研究者間の情報交換の場と研究協力を促進するための機会を提供する。本研究会の活動は、光脳機能イメージング法の研究、臨床応用などを促進し、医療の発展に寄与し、広く国民の健康増進に貢献するものである。