一般社団法人 日本光脳機能イメージング学会 第21回学術集会

一般社団法人 日本光脳機能イメージング学会 第21回学術集会を開催いたします。

今回は指定講演「臨床研究法に基づく特定臨床研究における近赤外分光測定を利用した研究の取り扱いについて」厚生労働省医政局 研究開発振興課よりの発表とfNIRSの国際標準化についての発表を追加しました。
多数の参加で、活発な議論をお願い致します。

 

【開催場所】星陵会館(東京都千代田区永田町2-16-2)

                    http://www.seiryokai.org/kaikan.html

【開催日時】2018年7月14日(土)

【研究発表会参加費】一般 4,000円, 学生 2,000円

【懇親会参加費】2,000円(星陵会館4階 レストランにて立食形式)

 

テーマ「周産期医療における光イメージングの未来」

大会長:日下 隆(香川大学医学部小児科学講座)

 

 

●一般演題の募集

一般演題の募集は終了致しました。

 

●学術集会参加申し込み

今回も昨年と同様、ホームページ(http://jofbis.umin.jp)よりの申し込みとなります。

昼食(無料)などの準備がありますので、参加申込事前登録をお願いします。

折り返し、受付メールをお送りいたします。
ホームページからの申し込み期限 7月10日(火) (他は当日の受付けとなります。)

また、学術集会終了後懇親会を開催いたしますので、多数の参加をお願い致します。

 

日本光脳機能イメージング学会 第21回学術集会についての注意事項

1)講演の発表

PCによるプレゼンテーションに限らせていただきます。発表用ファイルはWindowsのPowerPointでpptあるいはpptxの形式で作成してください。事務局で用意したPCにファイルをコピーにていただき、発表時はそのPCで行います。
当日午前中に会場のPC受付にお越し頂き、ファイルコピーの手続きをお願いします。ファイルはUSBメモリあるいはCD,DVDでお持ちください。バックアップも忘れずにお願いいたします。
画面サイズは1024x768になりますので、そのサイズで正常に表示されることを予めご確認ください。
コピーしたファイルは当日終了後に当方で責任を持って消去いたします。
自分のPCをお持ちし、ご使用になる場合は事前にプロジェクタとの接続を確認して下さい。
プロジェクタの接続はアナログRGB端子、1024×768ドットサイズです。必要がありましたらアダプタをお持ちください。

 

2)ポスター発表フラッシュトーク(発表用スライドはPCで自動的に更新します。)

ホールにて各演題の概要を口頭発表して頂き、その後、ポスター前で各演者が質問に対応する方法とします。
従って、ポスター前での発表はありません。
フラッシュトーク用の発表ファイルは1枚と致します.決まった時間を超える動画などは使用できません。
発表時間は演題数で変更になりますので、最終のプログラムにご注意下さい。
発表用スライドは準備をスムーズにするため、事前にメールにて送付ください。
やむを得ず、間に合わない場合は当日の朝の受付時に提出して頂きます。
進行をスムーズにするため事務局にてファイルの事前準備を行います。
午前中までに提出できない場合は発表を行うことができない場合もありますのでご承知ください。
発表用ファイルはWindowsのPowerPointでpptあるいはpptxの形式で作成してください。
事務局で用意したPCにファイルをコピーにていただき、発表時は事務局のPCで行います。
個人のPCは使用できませんので、御注意ください。

 

3)ポスター発表

・ポスター用パネルは一人1枚を用意します。パネルの大きさは1mx2mです。
・ポスターの大きさはパネルに貼れる大きさとして下さい。
概ね有効サイズは90cmx140cm程度とお考えください。
1枚の場合、B0サイズは少しはみ出しますので、避けてください。
この範囲内でしたら、複数枚に分けていただいてもかまいません。
・ポスター貼付時間
午前10時ころからパネル設営を行いますので、貼付は昼休みに行ってください。
撤収は18:00までにお願いします。パネルの撤収を18時より行います。
・説明
今回はフラッシュトークを行いますので、ポスター前の発表はありません。
ポスター前にてなるべく待機して、質問に対応いただくようお願いします。

 

4)抄録について

A4  1ページ(図、表可、ただしモノクロ)、形式は自由ですが、ファイル形式はdoc
あるいはdocxでお願いします。前回の抄録を参照ください。
カラー印刷にも対応させていただきますが、できるだけカラーは避けてください。
印刷は送っていただいた形式で印刷しますが、他と様式を合わせるためフォントサイズなどを
編集することもありますので、ご了承ください。

 

5)著作権について

本研究会抄録集に掲載されたすべての記事の著作権および版権は本研究会に帰属します。本研会のホームページに抄録として掲載を行うことがありますのであらかじめご承知おき下さい。また、本研究会が必要と認めた場合、あるいは外部からの引用の申請があった場合には、本学会で審査し、掲載、Web公開ならびに版権使用を認めることがあります。その他ご不明な点は、本研究会事務局までお問い合わせください.